リフレッシュ休暇を頂きます!

誠に勝手ながら明日13日(日)から16日(水)までリフレッシュ休暇を頂きます。

fc2blog_2017081217081222e.jpg


また皆さんとワクワクするような活動をできるよう、充電&リフレッシュしてきます。
とは言っても子供の帰省などありお出かけはしませんが、本読んだりいろいろと趣味にいそしんだりして過ごそうと思ってます。

もしご家族などの帰省を利用して足の相談をしたいとか、連休中に足の相談をしたいなどと言う場合は
下記の連絡先までご連絡ください。
時間帯や都合によりご希望に副えない場合ももちろんありますが、可能であれば対応いたします。

連絡先:090-3390-0992(セオ)
スポンサーサイト

いろいろと縁がつながってますね。

今日の午前中、車で40分ほど離れた浦河町からお客様がみえられました。
お仲間の方が当店を利用していて、その方達の勧めで来てくれました。
いろいろと話をしながら数足の履きをして、その内の1足をご購入いただきお会計中に

「実はお父さんお母さんの事は良く知っているんですよ~」というのでお話を伺いました。
そうしたらずっと以前、と言ってももう50年以上前でしょうか?
新冠町の山の方の学校で教員をされていたそうで、その頃に行商に来た父親から靴を買ったりしていたことがあったそうです。

実は父母が新冠町に来た当時は当然店も持ってなくて、身一つでやって来て、二人で風呂敷に靴をくるんで、それを背負って行商で靴を販売し始めたのが当店の靴屋としての始まりなんです。
それでそのお客様が暮らす山の方まで靴を持って売りに行ってたんですね…
その方のご友人と父親が親戚同士と言う事もあり、紹介されて靴を買ってくれていたそうです。

もう半世紀以上も前の話ですが、縁があったんですね~!

うちの店は、当初は父母の行商から始まり、新冠町に「寿靴店」を開店しその後隣町の旧静内町に「シューズ東京」を出店
そしてその後紆余曲折あり、僕と妻が現在の「フットルース」として再起業しました。
(再起業と言うのにはいろいろとあったので、そのことはまたいつか…)

でも今でも新冠町の人たちは「ことぶきさん」と私たちの事を呼んでくれます。
新冠町の「寿商店」は30年程の営業期間で20数年前に閉店廃業しました。
父母が若いころは高度成長時代の賑やかな時代で、田舎のうちの店も忙しく特にお盆と大晦日は掛売りの支払いとと共に靴を新調する人でごった返し、大晦日などは紅白歌合戦が始まる頃まで人で溢れ、地元の信金の営業さんが途中に集金で各店を回ってたという話も聞きます。そんな時代を子供のころの記憶としてとどめてますね~

そんな時代を通して私たちがお世話になった、当時の新冠町の人たちが今でも「ことぶきさん」と呼んでくれています。
あらためて考えるとすごいですよね~

遠くから足を運んでくれたお客様からの話をきっかけに、店のルーツなど思い返す出来事でした。

足育活動 「足型計測会」

昨日と今日の二日間、アサヒシューズさんのご協力でコンピューターによる足型計測会を開催しました。
このイベントは毎年春と夏休みに行っている計測会です。
普段から手作業によるフットプリントでの足の診断は行ってますが、今回の計測会は台の上に乗ってもらうだけで瞬時に計測してくれるのでお子様の足の成長を見るのに最適です。

今回も多くの親子が計測に来てくれましたが、特に今回はほとんどが新冠町子育て支援センターのポスターを見て来てくれました。
春に子育て支援センターで足育講座をさせて頂いたのですが、やはりそういった機会によって足に関心を持ってくれた親御さんが増えたのと、支援センターの先生が関心を持ってくれて足育講座を開いてくれたり、今回のイベントを告知してくれたおかげだと思います。

やはり現場でお子様や親御さんと接する立場の方の意識が及ぼす影響って大きいなぁ…と改めて感じさせられました。

今後もそういった子育ての場に従事する方への啓蒙も考えて行かないとならないと思いますね~

 

継続は力なり

浦河町の㈱マルセイさんが発行しているマルセイニュース 7月号をマルセイさんの奥さんが持って来てくれました。
このマルセイニュースはとても内容も参考になり面白いので、浦河町に出かけた際に見つけると持ち帰って読んでいました。

今回の7月号に僕が「浦河デザインカフェ」にお招きいただき、足と靴の事や商いの話をさせて頂いたご縁で、マルセイの小山社長ご夫妻とお会いすることが出来ました。
今号にはその浦河デザインカフェの話なども記事として載せてくれたようです。
そのおかげもあり「マルセイニュースを見てきました」という浦河方面のお客様がこの所ちらほらと見受けられます。

実はこのマルセイニュースは今号で151号です! すごいですね~ 
基本毎月発行なので単純に計算しても12年半です。 
お店や会社としてニュースレターを発行するという事をビジネス書やセミナーで知っている人は多くても、実際に行動を起こす人はグッと少なくなります。 さらに継続していくとなるとまた少なくなるのが現実です。

当店も発行していますが、67号です。 もちろんこれからも継続して行きますが、この100号近い差は埋ることはありません。
そうやって地域との関係性をはぐくんできたからこそ、ニュースの記事によって遠く離れた当店まで足を運ぶ人もいるんですね。
まさに継続は力なり です。 今回はそんなことを感じさせられました。

  

初めの1歩と継続

私どもの店でもほぼ毎月お客様に送らせて頂いているレターがあります。
そして商いの勉強会の仲間とも同じように発行しているお客様向けのレターを互いにやり取りしています。

そして今日こんな2通が届きました。
一方は記念すべき100号、そしてもう一方はこれまた記念すべき第1号です。

お客様にこのようなレターを出してコミュニケーションを取ったり、自分たちの日常の姿をお伝えすることで親しみを持ってもらえる効果がある事は、いろんなビジネス書でも書かれていたりするので知識として知っている人は多いと思います。
でも実際に実行する人は随分と少ない物です… そして更にそれを継続していくとなると更に少なくなります。
やっては見たけど、なかなか効果を感じられずにやめてしまったり…

今日届いたレターは、頑張って初めの一歩を踏み出した人、そして踏み出した歩みを止めずに何年もかけて100号まで到達した人。どちらもすごいですね~。
どっちが良いとかと言う話ではなく、何事も初めの1歩があり、継続していく事が大事なんですね。

と言う当店のレターも現在67号です。
第1号のレターを読みながら、自分も初心を忘れず、そして100号達成した先輩のように僕も100号、200号と続けていきたいですね~

  
プロフィール

妹尾 巨知

Author:妹尾 巨知
北海道日高郡新ひだか町にある靴店です。
趣味のノルディックウォーキングや靴、健康に関する事をアップしていきます!
当店は「足元から健康を考えるお店」をコンセプトに
足に良い靴を中心にその他「ノルディックウォーキング」用ポールやバッグ類も扱っています。
靴の修理やお手入れも行っています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター
月別アーカイブ
スタッフ不在予定
足の相談、インソール作成のスタッフが不在の場合がございます。
ご来店前にご確認下さい。
13日(日)~16日(水)の4日間は夏季休暇を頂いています。 19日(土)・26(土)スタッフ不在です。
Photo by naonori.S
日常の中で自分の目に留まった風景を切り取った写真です。 ご覧になって下さいね。

PHOTOHITOブログパーツ

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード