場の雰囲気に浸かる…

昨晩は商いの勉強会の交流会があり参加してきました。
この会は「ワクワク系マーケティング実践会」という会で全国に会員さんがいるのですが、今回は北海道の会員メンバーが集まったのですが、なんと静岡県の浜松市から駆け付けた強者も登場。
彼は予定のつく限りいろんな場で開催される交流会やセミナーに参加しているのですが、単に飲み会好き…ではなくその場に浸かることで様々な気づきや発想が得られるので、浸かることを目的にあちこち足を運んでいるそうです。

そして今回は北海道の仲間もいつもとは違い昨年新たに入会した人たちが半数近くいました。
話を伺っていると皆さんいろいろと勉強の場を求めているのですね…

勉強の方法はいろいろとあり、本を読んだりいろんなセミナーに参加してみたりです。
でも何と言ってもこういった皆でいろんな話をできる場に足を運び、その雰囲気にどっぷり浸かることが一番刺激を受けるのではないかと思います。
テレビで見るよりも劇場やその場に足を運んで臨場感を肌で感じるのと同じような感覚でしょうか。
現在は便利な世の中で、SNSなどで遠方の人とも常時接続できていますが、やはりこのような場の雰囲気に浸かるのとは違うんですね…
そんなこともあり今回はどっぷりと浸かってきました。
おかげでいろんな気付きや発想のタネ、元気をもらって帰ってくることが出来ました!
こういう仲間がいるというのは本当にありがたい物ですね~

スポンサーサイト

究極のリカバリーシューズ「ストレッチウォーカー」

昨日は地元新ひだか町で開催された「優駿と桜ロード50㎞ウォーキング大会」に出場してきました。
昨年は諸事情でハーフしか歩けなかったので、50キロは初体験です。



今回は前半にアップダウンの厳しいコース設定があり昼休憩ポイントまでにかなり足を酷使してしまいました…
そして後半、ここからゴールまではアップダウンもほとんどないのでゴールは出来そうだな…と軽く考えていましたが…
実はここからが未体験ゾーンでなかなか大変でした(汗)
足・脚・腰の下半身あちこちが酷使による疲労で悲鳴を上げ始めています。
何度も心折れそうになりながらも何とかゴールできました!


スタートから歩き続ける事、約11時間。
達成感もつかの間、膝や太ももの痛さでまともに歩けません…

そして足に湿布貼りまくって寝たおかげでずいぶんと炎症は納まり楽になりましたが
膝などが痛く、歩くのが辛くぎこちな状態でした。

でもこのストレッチウォーカーを履いて歩いてみると…
「アラ?不思議」 ちゃんと歩けてしまうではありませんか!!
昨日のウォーキングは雨の恐れもあったのでゴアテックス仕様のウォーキングシューズを選択しましたが
下半身が痛い状態でストレッチウォーカーを履くと自然と歩行姿勢が整い足運びがスムーズになるのが分かります。
傷みも驚くほど軽減されます。

そうなんです。このストレッチウォーカーは身体のリカバリー効果も抜群なんです~!
独自のソール構造により体感部が整い、踵からつま先へスムーズに体重移動できるのです。

普段のウォーキングなどだけではなく、運動後のリカバリーにもお勧めのストレッチウォーカーです!

  

お客さんに喜んでもらう

昨晩、何気なく観ていたテレビ番組に 郷ひろみさんが出演していました。
その中でファンフェスタというイベントの様子が取り上げられていて、それがすごいファンサービスで感動しました。

そのファンフェスタでは唄は唄わないにも係らず満席です。
そして本人が登場、その後いろいろとアトラクションがあるのですが、途中の写真撮影は自由。撮り放題です。

そしてあるアトラクションではその開場の全員とツーショット写真を撮る。
それが始まるころには、お客さんは皆さん化粧室へ行きお化粧直しと服装チェック。
列に並んで舞台へ上がっていくのですが、そこにも最終チェックの姿見。
郷ひろみさんの衣装は事前に知らせてあるので、お客様は各々の想いをこめてコーディネイトして来ています。
そして肩を組んだり寄り添ったりしながらツーショット撮影。
なんと全国を回り計8,000人もの人全員と撮影するとか。

別のアトラクションはビンゴですが、大きなビンゴカードに描かれているのは今まで発表したシングル盤のタイトルで、イントロが流れてビンゴを競います。 ビンゴした人はステージ上で本人からの抱擁とか…
また携帯電話にステージ上でお客様にかけて「どうしていつもそんなにカワイイの?」とかささやいてくれ、更にその音声をCDにして送ってくれるとか…

もうファンを喜ばせるアトラクションのオンパレードで、しかもファン心をくすぐる憎い事ばかり。
圧巻です。

商いの場でも「顧客を徹底的に喜ばせる」とか言われますが、まさにその世界ですね。
だからいつまでもトップスターの一人として活躍して行けるのですね。

思わぬところで勉強させてもらいました。

映画「サイレンス~沈黙~」を観てきました。

先日、見たかった映画「サイレンス~沈黙」を浦河町の大黒座さんで観てきました。
ご存知のように50年も前に書かれた遠藤周作氏の著書「沈黙」を巨匠マーティン・スコセッシ監督が映画化しました。



映画を観る前に原作本を読んでみました。
キリスト教の布教と弾圧を取り上げた歴史小説なので、読むのが大変かな…と思っていたのですが、案外すんなりとストーリーに入り込み読むことが出来ました。そしてとても興味深い内容の本で、ますます映画が見たくなっていました。

映画の方は音楽が無い、重く静かな長編作品で2時間40分だったのですが、そんな長さは感じないくらい引き込まれました。
拷問の場面なども多く、それが苦手な人もいたようですね…

映画を見終えた感想ですが、いろんなことを考えさせられる映画でした。
人間の強さ、弱さ、変えられるものと変えられない物。
弱い人間の姿の方が、普通の人間で共感を感じたり、建前や見た目を重要視する日本人の姿
神を信じていても神はなぜいつまでも沈黙を続けるのか、宗教とはなんなのか…

観る人により様々なとらえられ方をすることが出来る映画だと思います。

ネタバレになるので詳しくは書きませんが、重厚で良質な本当に良い映画でした。

靴と足の講習会 札幌フットケアサークルにて

札幌フットケアサークルさんで「靴と足の話」をする機会を頂きました。

札幌フットケアサークルは実際に医療現場で働く現役の看護士さんたちが中心となって立ち上げ、参加者は医療や介護関係の方達をはじめ靴関係、その他足に関心のある人たちなど様々な人たちが参加し定期的にフットケアに関する勉強会などを開催しているオープンなサークルです。

18033792_1044839128981030_1720519957327971060_n.jpg  18057785_1044841815647428_802550574474321576_n.jpg


普段は一般の方を前にお話しさせて頂く機会が多いのですが、そんな訳で今回は看護士さんやお医者さん、そして様々な業種、立場で足に関心を持つ方々が対象でした。人数も30名超と多くの参加があり足に対する関心の深さをヒシヒシと感じますね。

その後、訪問看護の方達からの事例報告もありそのような場でのフットケアの問題や活動している人たちの状況を教えて抱きました。
18056684_1044839192314357_3173980278489112446_n.jpg 18057035_1044839165647693_8446458378592685513_n.jpg

またある先生との立ち話の中で札幌でも「靴外来」を始めた病院がある事も知りました。
そこでは外科の先生や看護士、理学療法士、義肢装具士さんなどが分野を超えて横断的に連携し診断をしているようです。
そのような試みも始まっているんですね~。 

今回は何よりこのような場で様々な人たちと情報交換出来たり異業種の方達の現場での話を聞くことは自分にとっても大変勉強になるいい機会となりました。

これからもいろんな分野の方と連携をしながら悩みを持つ方達のお役にたっていきたいですね。
プロフィール

妹尾 巨知

Author:妹尾 巨知
北海道日高郡新ひだか町にある靴店です。
趣味のノルディックウォーキングや靴、健康に関する事をアップしていきます!
当店は「足元から健康を考えるお店」をコンセプトに
足に良い靴を中心にその他「ノルディックウォーキング」用ポールやバッグ類も扱っています。
靴の修理やお手入れも行っています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター
月別アーカイブ
スタッフ不在予定
足の相談、インソール作成のスタッフが不在の場合がございます。
ご来店前にご確認下さい。
現時点での不在予定は5月7日(日)14日(日)18日(木)19日(金)は不在です。 GWの連休中は定休日の水曜日以外は通常営業しています。土日祭日は18時閉店となってます。
Photo by naonori.S
日常の中で自分の目に留まった風景を切り取った写真です。 ご覧になって下さいね。

PHOTOHITOブログパーツ

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード