記事一覧

「フットケアの日」記念 市民公開講座

今月、今年初めての講座があります。2月10日は日本下肢救済・足病学会やフットケア学会等が「フットケアの日」に制定し足病変の予防・早期発見・早期治療の啓発を目的とした活動をしています。今回はそのフットケアの日記念 市民公開講座です。この日は学会の研究発表なども行われているのですが、この講座は市民公開講座としてどなたでも講座を聞く事が出来ます。僕も一般客として何度か参加し先生たちのお話を聞いてきました...

続きを読む

市民医療講演会「足を救おう!歩き続けて生きていくために」

先日11月4日(土)に札幌の下町づくり社主催の市民医療講演会で「足と靴の話」をさせて頂きました。テーマは「足を救おう!~歩き続けて生きていくために~」です。最初の講演は日本下肢救済・足病学会北海道地方会 理事長で札幌ハートセンター、札幌心臓血管クリニックの佐藤勝彦先生のお話でした。足の病気の中でも下肢血管病とくに抹消動脈疾患の恐ろしさについての講演でした。下肢=下半身にも動脈硬化が起こることで、歩行...

続きを読む

保育園での足育講座

先日、新ひだか町三石の延出保育所で「足育講座」をさせて頂きました。その日は参観日と言う事で、お母さんたちも多く参加してくれていました。また親御さんだけではなく勉強も兼ね保育士さんも参加してくれていました。後で聞くとお休みの保育士さんもわざわざ足育講座に来てくれていたとのことで、保育所自体のお子さんの足への関心度の高さを感じました。講座終了後、職員室で園長さんと話をしましたが、関心の高さも納得です。...

続きを読む

病院で足の話をしました。

先日、札幌市の勤医協中央病院の看護師さんから声をかけて頂き、病院のスタッフさんが対象の勉強会で「足と靴の話」をさせて頂きました。 先ずは病院スタッフから勉強を始め、自分たちの足もとも変えて行こうとの考えもあるようです。患者さんはもちろんですが、ハードな医療現場での仕事において履物はとても大事な存在です。また案外とナースさん達は足に悩んでいる方も多いのですが、何を履いて良いのかわからず、いつも決まっ...

続きを読む

病院の勉強会で話します

今月はちょっとした縁があり病院で「「足と靴の話」をさせて頂く機会を得ました。最近は看護士さんを中心に医療や介護の場でフットケアをはじめとした足の事を勉強する人たちが増えてきています。現在、糖尿病やその合併症による透析患者の高齢化から足の血流が悪くなったりといた症状が増えているようです。そのためフットケアを始め足や関連の深い靴についての勉強をする人たちが増えています。札幌などでも施設を横断してのフッ...

続きを読む

ご来店の方へ

足のカウンセリングスタッフの不在や先約によってご来店されてもスムーズに足の診断をすることが出来ない場合もございます。
特に遠方よりお越しの方は事前にご確認ください。
連絡先:0146-43-0632

スタッフ不在の案内

足の相談、インソール作成のスタッフが不在の場合がございます。
ご来店前にご確認下さい。
下記の日は足のカウンセリングスタッフ不在です。
5/27 5/28夕方以降 6/17 
  他の日でも先着など予約がある場合がありますので、ご来店の際は事前に電話でご確認ください。

営業時間 開店:10時 閉店:19時(土・日・祝祭日は18時閉店)
定休日:毎週水曜日

プロフィール

妹尾 巨知

Author:妹尾 巨知
北海道日高郡新ひだか町にある靴店です。
趣味のノルディックウォーキングや靴、健康に関する事をアップしていきます!
当店は「足元から健康を考えるお店」をコンセプトに
足に良い靴を中心にその他「ノルディックウォーキング」用ポールやバッグ類も扱っています。
靴の修理やお手入れも行っています。

Photo by naonori.S

日常の中で自分の目に留まった風景を切り取った写真です。 ご覧になって下さいね。

PHOTOHITOブログパーツ

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター