HPTの参加者と新たな出会いがありました!

前回の記事で書いた「ヒダカ・プレイヤーズ・トーク」で話を聞いてくれた方が、先日店に遊びに来てくれました。

彼はサッカーの指導をしていて、個人的に未就学児のサッカー体験教室なども行っているそうですが、小さな子供に特定のスポーツをさせる事への疑問も持っているようです。

いや~まさに同感ですね… 特に未就学児は足の骨格が未発達なので特定のスポーツをさせるよりは、鬼ごっこやジャングルジムよじ登ったり飛び降りたり…etc とにかく遊びの中でいろんな動きをするのが良いと思うんですよね。
スポーツはどうしても反復練習も多くなるので、偏りも出てくる心配もありますし…

また彼は自らの怪我の経験から靴や足元にも関心があり、コンディショニングやトレーニング法などのセミナーに酸化したりして勉強しているそうです。
僕も足もと関連でスポーツをする子供の体の使い方など知りたいことも沢山あるので、今回の出会いは僕にとっても願ったり叶ったりです。
未就学児童の教室や小学生対象の場などで、技術的な事だけではなくコンディショニングの事や足元の話を絡めてコラボレーションが出来ると楽しいですね~!

トークイベントでの出会いで、いろいろとできることが広がると嬉しいです!



(写真は親御さんの許可を得て掲載させて頂いてます)
スポンサーサイト

ヒダカ・プレイヤーズ・トーク

先日の事ですが、僕と他二名の有志三人がもとになって「ヒダカ・プレイヤーズ・トーク」というトークイベントを企画し開催しました。

地域には例えば社会的な問題を取り上げた講演会や著名な講師を招いた業界的な講演会などはありますが、個人にスポットを当てその人の想いを一般の人たち誰でも聞く事の出来る場って、ありそうでなかなか無いですよね。

そこでそんな場を開いてみました。
「ヒダカ・プレイヤーズ・トーク」ってタイトルの意味ですが…
日々生き生きと活動している人って「仕事(ワーク)」と「遊び(プレイ)」の境目が無いような気がするというか、趣味=仕事のような気もします。 それはワークではなくプレイ、なのでここで話してくれる人たちは「プレイヤー」です。
そして「プレイヤー」は現役選手。過去の成功体験を語ってもらうのではなく、現在進行形のもがいてる姿や想いを聞かせてもらう場です。

今回は初回なので僕も話をすることになってしまい、つたない話ですがこんな感じで話をしました。






この日登場した他の人はとても面白く興味深い話ばかりでした。

一人目のプレゼンターは新ひだか町の藤沢牧場の藤沢亮輔さんで、インターネットの動画サイト「ニコニコ動画」であの人気TVゲーム「ダビスタ」のリアル版「リアルダービースタリオン」の取り組みの話でした。


そして三人目は新ひだか町地域おこし協力隊の樋口将士さん。
この地域では全く馴染みがありませんが、全国的には行われている本のイベント「ビブリオバトル」を広めようとして取り組んでいる話です。


こんな感じで地域で面白そうな取り組みをしている人が毎回3~4人登場し15分から20分くらい話をしてくれます。
そんな個人の話を聞く事で、新たな発見もするし刺激や気づきを得られる創発の場です。
きっと聞いた人たちの中にもいい化学反応が起こってくれるのではないでしょうか。

ユーチューブにもアップしますので動画で見ることもできますが、可能であれば足を運んでライブで聞く方が断然刺激の伝わり方が違うので、是非会場に足を運んでみてはどうでしょう。

お役にたてて嬉しいです。

先日お越しいただいたお客様からの声です。
お許しを頂き掲載させて頂きました。

今回もカカト付近の痛みでした。たまたまうちのお勧めしたものが足にあってくれたようですね。
悩みあちこち相談に行っても解決せず、途方に暮れる人たちは多い物なのですね…
でも諦めずに根気よく、足を運んだので今回の出会いがあったのだと思います。
けっしてこれまで相談された先が悪いとは思いませんが、お客様もどこへ行ったらよいのかわからない、お医者様へ相談しても専門分野が違うとわからないというケースも多いようです。

それでも少しでも改善の兆しが見えて良かったですね~。

================================================

我が家のご主人様…
何年も足が痛い、腰が痛いと、言い続け…
遂に、「かかと」が痛いと…
整形にも通いそこでインソール(靴の下敷き)も作り…でも合わないのか?よくならず…
帯広でもオーダーでインソールを作り…
スポーツ店でも、高めのを何足試しに買った事か……??笑
本人もう、手術しかないなぁ~って言っていた矢先💦

昨年の秋にたどり着いた新ひだか町にある『フットルース』様✨✨
試しにそこでインソール作りました‼
なかなか長期間、使う機会がなかったのですが…
最近、仕事にはいていた靴で使っていたようです。
結果…かかとの痛みは「無くなった」と…
腰の痛みも減ったなぁ~‼と。
違う靴にも!と、本日2つ目オーダーで作って来ました!!

腰の痛みや膝の痛み…などなど、お悩みの方は一度自分に合ったインソールで試してみてはいかがでしょうか??

ご主人様も奥様もとっても感じのいい方で、色々相談にも応じてくれます

足もみ治療 ハナキリンさんに行ってきました。

昨年、新冠町に開業した 足もみ治療のハナキリンさん。
足つながりで挨拶に来ていただいたり、何度か会って話をしていたのですが、当店と定休日が同じなのでなかなか行けずに居ました。
ところが予約を入れれば夜も対応してくれるという事を知り、先日やっと行ってきました。
仕事が終わってからですが、快く迎えて頂き感謝、感謝。

当店にもリーフレットがあり、お客さんにも渡していますのでお客様でも行ってきたという方が居ます。
お話を伺うと「かなり本格的で今まで札幌とかに行ってたけど、技術的にはこっちの方が良いかも!」と評判が良いんですよね~
それで気になっていたのですが、やっと行ってきました。



ハナキリンさん体験ルポ ^^

以前ビジネスホテルで試しに頼んでみたことがあるのですが、その時は本当にマッサージ程度で気持ちいい感じ…
でも今回は本格的な足もみなので… 正直メッチャ痛かったです。

でも痛いということは、そこに何かの滞りがあるという事なので、何度か施術していくうちに激痛は緩和するとの事でした。
その他、吸い玉を使った施術なども無料オプションで施術してくれます。
1回何分と言った決め方ではなく患者さんの状態に合わせてしっかり施術してくれます。
僕もこの初回はカウンセリングも含め2時間近くかけて治療をしてくれました。
ご興味がある方は、一度お試しになってはどうですか?
当店にも案内用のリーフレットをご用意してあります。

獣害駆除と皮の話…

この靴は何の革だと思いますか?



正解は鹿の革で作られた靴なんです。
鹿革はやわらかくしなやかですが、まだまだ需要が少ないようです。

実はこの靴、鹿肉加工業の社長さんが修理に持ってこられた靴です。
この会社では毎年7000頭以上の鹿が持ち込まれ、鮮度の良い物は食肉に、他はペットフードや廃棄処分になる物もあるそうです。

ここで書きたいのは肉の話ではなく、皮の話です。
この靴は鹿革を指定しオーダーで作ったようですが、社長さんのお話では「持ち込まれる鹿の皮はほぼ廃棄せざるおえない」と言う事でした。
理由を尋ねると、まだまだ鹿革の需要が少なく、鞣して革に加工してもらうにしても採算が合わないそうです。
また保管するとしても経費が掛かりすぎるので廃棄せざるおえない…という事でした。

なので少しでも自分で鹿革の製品を使ってみようとしているようです。
他にも価格は高くなりますが、鹿革のジャケットを作って来てみたりしているそうです。
靴を取りに来た時に着て来てくれて見せて頂きましたが、しなやかでなかなかいい感じのジャケットでした。
その日は公の場なので、あえて鹿革のジャケットを着ていく事にしたそうです。

私どもの店でも鹿革の製品となると、バッグでたまにあるだけで靴はほとんどないですね…
鹿革(ディアスキン)は独特の風合いで味があるのですが、少ないかもしれませんね。
あと鹿革で思い出すのは、セーム革やベロアの巾着とか、そうそう印伝も鹿革ですね。
日本ではもともと鹿革は武具などにも使われたりしていましたし、ディアスキンは割と高級革のイメージもあります。
でも現在流通している鹿革はほぼ輸入品のようなのですね…
鹿革の製品は流通しているのですが、国内での鹿革の需要が無いという事なのでしょうか?

そういった背景を知ると、昨今獣害駆除として鹿の狩猟がおこなわれていますが、こういった革の問題もあるのですね…
革を扱う業界の人間としては、何とかいい方法はない物かと考えさせられますね…

微力も微力、極微力ですが、鹿革でアクセサリーや何か、ちまちまと手づくりしてみようかなぁと考えたりする今日この頃です。
プロフィール

妹尾 巨知

Author:妹尾 巨知
北海道日高郡新ひだか町にある靴店です。
趣味のノルディックウォーキングや靴、健康に関する事をアップしていきます!
当店は「足元から健康を考えるお店」をコンセプトに
足に良い靴を中心にその他「ノルディックウォーキング」用ポールやバッグ類も扱っています。
靴の修理やお手入れも行っています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター
月別アーカイブ
スタッフ不在予定
足の相談、インソール作成のスタッフが不在の場合がございます。
ご来店前にご確認下さい。
13日(日)~16日(水)の4日間は夏季休暇を頂いています。 19日(土)・26(土)スタッフ不在です。
Photo by naonori.S
日常の中で自分の目に留まった風景を切り取った写真です。 ご覧になって下さいね。

PHOTOHITOブログパーツ

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード