防滑になっていない冬靴

これまでも何度か靴の滑り止めの事は書いてますが、相変わらず相談が多いのでまた書いておきますね。

先日も「ブーツを買ったけどメッチャ滑って歩けないんです… おまけに転んじゃったし、どうにか出来ますか?」という相談でした。

お客様は冬に買った靴なので、底も冬用になっていると思っているのですが、最近の靴は冬対応になっていない物が多いんです。
特に昨今ファッション重視の靴は冬対応になっていない平底が多くなっています。


こんな感じなので、冬に買ったので雪道は大丈夫…と思っていても実は冬用になっていないんです。


それでこんな風に冬底に加工します。

お店によっては「冬底になっていないので、修理屋さんとかに持ち込んで冬底を貼ってもらって下さい」と教えてくれるところもあるようですが、ほとんどは何の説明もないまま、当然冬用だと思って履いて歩くと滑って歩けない…と言うことになります。
多少歩きにくいだけならば良いですが、滑って転倒して骨折など大けがをすることもあるので、注意が必要です。


冬用の底材もいくつかの材質の物からお選びいただけます。

以前は冬は効果の程は別としても多少の冬対応になっているのが当たり前でしたが、価格を抑えるためか?このような靴が多くなっていますのでお気を付け下さいね。
冬底の加工はお気軽にご相談ください。
スポンサーサイト

メディカルウォークのカカト修理。

前回ご紹介した、久留米産の歩きやすい靴「アサヒ メディカルウォーク」ですが、やはりカカトは減ってきてしまいます。
オールソールが交換できるものもありますが、中にはカカトやソールの貼り換え等のメーカー修理が出来ないモデルもあります。
今回のこのモデルもその一つです…
でもこれまで数多く販売させて頂いているので、修理も多くやってきます。
一般的にはウォーキングシューズもコンフォートシューズもヒールの片減りはこまめに修理しながら履きます。
減ったままではせっかく履きやすい靴を履いて頂いても、歩行に悪影響を及ぼす原因となるからです。

歩行時には踵から着地しますがカカトの片減りが大きいと着地の際に足のブレが大きくなります。
そのブレは膝や股関節、腰などの歪みにもつながってしまいます。
そのため踵の片減りは季節の変わり目などにこまめにチェックし必要であれば修理などメンテナンスを施す必要があります。

それで今回のこの靴は購入して何年も履きっぱなしだったので、片減りがひどく進んでいます。
この靴の特長である踵の羽もどうしても減ってしまいます…

  

今回は新しいメディカルウォークのニューモデルをお買い求めいただき、履き替えようやちょっとした作業用に修理を希望されました。
この靴独自の膝を守る機能は諦めざるおえませんが、他の部分はメンテナンス次第で蘇ります。
幸いかかとも踏みつけていなかったので、踵の片減りを修理すると、蘇ります。
  



どうしても履きやすい1足を毎日履き続けてしまいがちですが、交代に履く事で靴は長持ちします。

「どうせ傷むのだから、高い靴は必要ない」というお客様も時々いらっしゃいますが、このように修理することで安価な靴を半年ごとに履き捨てていたのが、多少お高いかもしれませんが、履きやすく足のためにも良い靴を何年も履き続けることが出来るのであれば費用対効果は十分あるのではないでしょうか?
そういった説明をさせて頂くと、大抵の方はご納得いただけます。
その分、私たちも買っていただいた靴を履き心地の微調整を含め後々まで面倒を見させて頂くのも役目と考えています。

お気に入りの靴をメンテナンスしながら、愛着を持って履き続けましょうね。

初代ストレッチウォーカーの修理

久しぶりのアップ&修理ネタです~
もう彼此7・8年からそれ以上前に販売していた初期のストレッチウォーカーの修理です。
これは当時未体験の履き心地でファンが多く、今でも大事に履いている人の多いモデルです。
先日も同じタイプの底の修理をもって来た方が居ましたが、連続しての修理です。

 
それにしてもカカトの減りがすごいですね…(汗)
これではせっかくの履き心地も損なわれてしまいますが、余程気に入って履いてくれていたんですね。

そこでカカトの減った部分を足して補修、底材&クッション性のある底材のダブルで加工。
最後にオールソール貼り換えで何とか履けるようになりました。
クッション性は若干変わりますが、そこそこ快適に歩けるはずです。
穴の開いていた部分もゴムの補修材で埋めて広がらないように補修。
クリーニングで小ざっぱりとした感じで、また快適に歩いてくださいね♪

 

カカトの減りはそれほど神経質になる必要はありませんが、5ミリ程度を目安にそれ以上減って来たら早目に補修しましょうね。
「履きつぶすから良いんだ…」と片べりがひどいままの状態で履き続ける人がいますが、その状態で履き続けるのは体の歪みにもつながり、膝痛・腰痛の原因ともなりますので早目に修理しながら履いてくださいね!

何とか修理できました。

今日こんな修理のご相談が…

中学生の野球のスパイクです。



あららららぁ~ 小指の付近が裂けちゃってますね…
その部分に強い力がかかり続けるので、限界を超え裂けてしまいました。
「これは修理してもダメかな~」と言っていたのですが、なんと3年生であとひと月ほどで部活も終わり…
それだと今から新調するのも…ですね。

しかもミシン掛けなどに外注する時間もありません… もう最後の練習の真っ只中です。休めません…
それで何とか応急的にでも使えるようにしてみましょうと言うことで、取り掛かってみました。


裏から当て布をして、チクチク手縫いで…


最後にシューグーで補強して…  何とかいい感じにできました!

彼は新冠中学校の野球部、息子の後輩、もっとさかのぼると私の後輩。

中体連頑張って勝ち抜けよ~!!

ビジネスシューズにも冬底を!

このところ…と言うか相変わらず冬底の加工や修理に追われていますが
こんなビジネスシューズも冬底に加工できます。

  

忘年会や新年会など出かける機会も何かと多いこの時期です。
足を取られて転んでしまうと折角のほろ酔い気分も吹っ飛んでしまいます。
そんなことにならないように、靴底もチェックしてみて下さいね!

写真の底材は今のところ一番滑りにくいと思われる、ガラス繊維入りの底材です。
その他にもハニカムタイプのゴムやソフトゴム、セラミック入りなどいろいろとございますのでお気軽にご相談くださいね!

年内は30日まで休まず営業中です。
お正月休みは31日から翌年3日まで。
1月4日から心を込めて新年の営業を開始します。
プロフィール

妹尾 巨知

Author:妹尾 巨知
北海道日高郡新ひだか町にある靴店です。
趣味のノルディックウォーキングや靴、健康に関する事をアップしていきます!
当店は「足元から健康を考えるお店」をコンセプトに
足に良い靴を中心にその他「ノルディックウォーキング」用ポールやバッグ類も扱っています。
靴の修理やお手入れも行っています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター
月別アーカイブ
スタッフ不在予定
足の相談、インソール作成のスタッフが不在の場合がございます。
ご来店前にご確認下さい。
13日(日)~16日(水)の4日間は夏季休暇を頂いています。 19日(土)・26(土)スタッフ不在です。
Photo by naonori.S
日常の中で自分の目に留まった風景を切り取った写真です。 ご覧になって下さいね。

PHOTOHITOブログパーツ

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード