パンプスの変形。

先日、修理に持ち込まれたパンプスです。
これもよくあるケースですが、一見してヒールが傾いていることがわかります。



これはトップリフト(ヒールの先端)が片べりしたことによって起こるのではなく
靴全体がねじれを起こしているためにヒールが傾いてしまいます。

P5051027.jpg

このように前足部外側に指1本くらい入れて、真っ直ぐな状態です。

このように外に傾くケースはパンプスの場合多く見られます。

ひとつのケースとしては、年齢を重ねた方がパンプスを履いている場合も起こりやすいです。
当然コレよりも低いヒールですが、傾きます。
脚の筋力低下などで脚は外に開きやすくなります。イメージとしてはO脚のようなイメージ。
そのため外に体重が流れやすく、ヒールも傾きます。
本人は気付きませんが、それが膝や腰痛の原因になります。

特にダンスシューズなどには多く見られます。

今回のケースは若い女性です。
P5051028.jpg
この場合歩き方に原因があると考えられます。
靴底を見ると外側(小指側)が多く擦れています。
最近の若い子に見られる、つま先が内側を向いて歩く歩き方です。
近頃は女の子だけではなく、男の子にもこのような歩き方を見ます。

つま先が内側に向いて歩くので、靴の外側で着地します。
そのため体重も外側に流れやすく、靴も歪み、ヒールが傾きます。

このような姿勢はなかなか直すのは難しいとは思いますし、靴などで矯正するのは無理だと思います。

でも普段から履く靴を気をつけ、歩行姿勢にも意識をしていく事で、少しでも変化は出てくると思います。

ご自分の靴を後ろから見て、このようになっている場合はご注意下さい。

靴が歪みヒールが傾いた場合は、靴をしっかりした物に変えましょうね。
そして歩き方、普段の姿勢も意識してみましょう。
スポンサーサイト
プロフィール

妹尾 巨知

Author:妹尾 巨知
北海道日高郡新ひだか町にある靴店です。
趣味のノルディックウォーキングや靴、健康に関する事をアップしていきます!
当店は「足元から健康を考えるお店」をコンセプトに
足に良い靴を中心にその他「ノルディックウォーキング」用ポールやバッグ類も扱っています。
靴の修理やお手入れも行っています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター
月別アーカイブ
スタッフ不在予定
足の相談、インソール作成のスタッフが不在の場合がございます。
ご来店前にご確認下さい。
現時点での不在予定は5月7日(日)14日(日)18日(木)19日(金)は不在です。 GWの連休中は定休日の水曜日以外は通常営業しています。土日祭日は18時閉店となってます。
Photo by naonori.S
日常の中で自分の目に留まった風景を切り取った写真です。 ご覧になって下さいね。

PHOTOHITOブログパーツ

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード