外くるぶしが靴擦れしませんか?

靴の調整の相談でたまにあるのが 「外くるぶしが靴擦れして痛い…」と言うものです。
靴擦れと言うか、靴のふちが外くるぶしの下側に当たり、痛くて歩けなくなります…。
こんな経験した方も多いのではないでしょうか?
僕も靴業界に入り調整法を知るまでは
「靴がなじむまで根性で耐えなければならないもの…」と思っていました。(笑)

そんなことに関連して前回も登場していただいた靴に再登場いただき、説明いたします。

お預かりしていた靴を磨きながら観察をしていると…
「これは極端でわかりやすい!」と思い取り上げました。

紳士靴を後ろから見ると… (これは右足です)


靴のふちを見ると外側が低くなっていますね。 歪んでしまっているのかと思いますか?
では両足並べてみると… 左足も外側が低くなっていますね。

ちょっと置き方が悪いので歪んで見えますが、もともとこのように作られているものです。
よく見る靴はここまで極端ではないのでわかり難いのですが、数ミリ外側が低くなっています。

この靴は内側から足をサポートする目的もあるのでしょう、内側は高くなって足をすっぽり包んでくれます。

実はなぜこのように外側が低く作られているのでしょうか???
そこで骨格モデルの登場です。 人間の足の骨格で、これは右足を後ろから見たところ。


土台となる踵骨(かかとの骨)の上に脛骨(すねの骨)と腓骨があります。
脛骨(太い骨)の左下部は内踝(内くるぶし)で腓骨(細い骨)の下部は外踝(外くるぶし)になります。

骨格モデルを見てもわかるようにそもそも外踝と内踝は水平じゃあないんです。
外くるぶしの方が下がっているんです。
そのため靴の深さが合わないと「内くるぶし」ではなく「外くるぶし」が痛くなりやすいんですね~。
それを防ぐために靴のトップライン(靴のふち)は初めから外側を低く作っています。

でもサイズが合っている靴を履いても深さが微妙に合わず、外踝があたってしまう場合があります。
そんな時は靴のかかと部分にパッと調整をするなどわずかなことで当らなくなります。
だからと言ってあまり厚い物を入れると踵が浅くなり靴がカパカパ脱げやすくなってしまいます…。

微妙な調整具合で痛みが解消しますので、お気軽にご相談くださいね。
スポンサーサイト
プロフィール

妹尾 巨知

Author:妹尾 巨知
北海道日高郡新ひだか町にある靴店です。
趣味のノルディックウォーキングや靴、健康に関する事をアップしていきます!
当店は「足元から健康を考えるお店」をコンセプトに
足に良い靴を中心にその他「ノルディックウォーキング」用ポールやバッグ類も扱っています。
靴の修理やお手入れも行っています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター
月別アーカイブ
スタッフ不在予定
足の相談、インソール作成のスタッフが不在の場合がございます。
ご来店前にご確認下さい。
現時点での不在予定は5月7日(日)14日(日)18日(木)19日(金)は不在です。 GWの連休中は定休日の水曜日以外は通常営業しています。土日祭日は18時閉店となってます。
Photo by naonori.S
日常の中で自分の目に留まった風景を切り取った写真です。 ご覧になって下さいね。

PHOTOHITOブログパーツ

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード