記事一覧

傷の手当は形成外科へ

歩く力も弱ってきたご高齢の方が施設の方に付き添われてご来店されました。
来店時は車イス、でも少し歩かなくては…と言う事で靴をお探しでした。

足の状態を見るために足に触れると指先がとても痛い様子でしたので靴下を脱いで見せてもらいました。
すると指の変形もあるのですが、指同士がくっつき、傷もあり指先から甲の付近までうっ血してぶす色になっています。
付添いの方に尋ねると皮膚科に通っているとのことですが「塗り薬を処方されているのですが、あまり変わらない…」ようです。

皮膚の疾患は一般的には皮膚科と考えるのが一般的ですし、切ったりと言った怪我の場合は外科と言うことになると思います。
でも今回のように傷が治りにくかったりしている場合は、形成外科の受診が必要な場合もあります。

足の場合、なかなか良く見ないとわかり難かったり、周りの人にも見落とされたりすることも多く、気づいたときには化膿がひどくなっていたり、大きな傷になっていることも多いのです。
また糖尿病で末しょう神経障害が起き、痛みを感じにくくなっていたり、下肢の血流障害で傷の治癒力が落ちていたり…
様々な要因で足の傷がひどくなってしまっていることがあるのです。

今回もちょっと表面の塗薬だけで改善しない場合は、早目に形成外科に相談してみることを勧めました。

僕も形成外科の事を知る前は「美容整形」と混同していましたが、説明を聞いて初めて「形成外科は傷を治す科」だということが分かりました。

今回のようなケースだけではなく怪我や火傷などの治療にも形成外科は良いそうです。
なかなか治らない傷がある場合は一度形成外科に相談してみることも知っておいて下さいね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

ご来店の方へ

足のカウンセリングスタッフの不在や先約によってご来店されてもスムーズに足の診断をすることが出来ない場合もございます。
特に遠方よりお越しの方は事前にご確認ください。
連絡先:0146-43-0632

スタッフ不在の案内

足の相談、インソール作成のスタッフが不在の場合がございます。
ご来店前にご確認下さい。
下記の日は足のカウンセリングスタッフ不在です。
10/29(日) 午前中ウォーキング教室 午後2時から4時まで不在の時間帯があります。
11/4(土) 足と靴の講演のため不在 11/11(土) 終日不在 11/19(日)終日不在 他の日でも先着など予約がある場合がありますので、ご来店の際は事前にご確認ください。

プロフィール

妹尾 巨知

Author:妹尾 巨知
北海道日高郡新ひだか町にある靴店です。
趣味のノルディックウォーキングや靴、健康に関する事をアップしていきます!
当店は「足元から健康を考えるお店」をコンセプトに
足に良い靴を中心にその他「ノルディックウォーキング」用ポールやバッグ類も扱っています。
靴の修理やお手入れも行っています。

Photo by naonori.S

日常の中で自分の目に留まった風景を切り取った写真です。 ご覧になって下さいね。

PHOTOHITOブログパーツ

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター